干し柿栗きんとんの袋

先日ブログで取り上げた中津川川上屋の

「柿の美きんとん」の袋だが、実はちょっとした

工夫がされていた。


柿の美きんとんの袋 

柿の美きんとんの袋 


袋に通気孔(小さい穴)がある


よく野菜用の袋にはガスを放出し、劣化を防ぐ

ために通気孔が空いている場合があるが、

この干し柿栗きんとんもガスを出すのか?


疑問に思ったので、川上屋さんに電話で聞いてみた。


答えは、

「密閉すると、干し柿のまわりの糖分(白い粉状)

が溶けてべとべとするので」

とのことだった。


お菓子の保存には密閉して保存剤(脱酸素剤など)

を用いることが多いが、干し柿には逆効果みたい。


賞味期限も短いし、鮮度が命のお菓子なのである。

ちなみにこの「柿の美きんとん」は鮮度が大事なため

首都圏で販売する予定はないそうである。

残念。


 

 

 

カラー不織布・耐油紙・ワックスペーパー・グラシン紙・雲竜紙などの包み紙・包装紙通販
小ロットでご希望のサイズにカット加工致します。
↓ オンライン自動見積はこちらから ↓

オンライン自動見積はこちらから